個別学習のセルモ 竜操教室 塾長日記

アクセスカウンタ

zoom RSS なんか、間違ってる。

<<   作成日時 : 2016/04/20 20:58   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

今年は高校1年生に数Tを頭から教えています。

だから特に感じるのですが、

中学校3年間で染みついた癖というのは、なかなか抜くのが難しい・・・・ということ。

まず第一に、

先生の板書を必死になってノートに書き写したって、数学ができるようになるわけではありません。

授業中はノートなんて取らないで、先生の話に集中すべきです。

大事なことは教科書や参考書に書いてありますから、必要なら、後から自分でノートにまとめたらいいんです。

ながら勉強はダメとか言いながら、実際は、書くと聞くの2つの作業を同時にさせているのは、大いなる矛盾と思っています。

第二に、

先生の話を聞いていたからと言って、問題が解けるようになるわけではありません。

話を聞いていただけでできるようになるんだったら、誰も苦労はしません。

結局は問題を自分でどれだけ解いたか?という経験が勝負を分けます。

要するに問題演習の時間をたっぷり取ることが必要です。

自律的な学習習慣が身に付いていないのに、「○ページから、○ページまで、家で自分でやっとけよ〜!」で済むんだったら、先生なんて必要ありません。

そして、第三に、

無駄な途中式をなんでもかんでも書くな!ということです。

途中式を書く目的は、より早く、より正確に、正解を出すためであって、そのために必要なら書くし、必要無いなら書いちゃダメです。

そこは臨機応変だし、個人差があって当然。

なんかね。

中学校で授業ノートチェックみたいなのがあって、板書をちゃんと書いてなかったり、途中式を省いていたら一律で怒られるんだそうです。

それを3年間も叩き込まれたら、そりゃ、数学が出来なくなって当然だし、数学が嫌いになって当然だと思います。

そもそも、自分で教科書や問題集を読んで、自分で考えて、自分でやってみて、それでわからなくなったところを他人に聞く・・・というのが習得の近道なんですよ。

自分で解くから、自分のわからないところがわかるし、聞きたいことが出てくるんです。

水飲み場に牛を連れて行っても、喉が乾いていなかったら、水を飲ませることはできないのです。

だから、最初は講義よりも演習中心。

その上で、だんだん講義中心に移行していくというのが、今のところ、高1の指導の流れですね。

目標は、数学が嫌いで苦手という生徒がまったく居なくなるまで。

頑張らねばと思います。






本年度より漢検を当教室で受験していただけるようになりました。
塾生以外の一般の方の申し込みも歓迎いたします。
次回は6月19日(日)です。申し込みは5月11日まで!お早目に。
日本漢字能力検定

ランキング参加しております。
読み終わりましたら、ぽちっ!とお願いいたします。
まったく身勝手なお願いではございますが、ぜひぜひ皆さんのご協力をお願いいたします。
↓ぽちっとクリック!
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 岡山(市)情報へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ

↓こちらへもどうぞ!

「岡山人ブログ」岡山の素敵なブログが満載
http://okayamajinblog.com/

個別学習のセルモ 竜操教室のホームページはこちら
http://selmo-ryuso.com/

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
なんか、間違ってる。 個別学習のセルモ 竜操教室 塾長日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる