個別学習のセルモ 竜操教室 塾長日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 【塾長日記】語彙がまったく足りていないのを短期間でなんとかするのは難しいのです。

<<   作成日時 : 2017/09/10 19:00   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

受験に向けて、いよいよ本格的に時間をかけられるようになった中学3年生たち。



国語と一般常識の勉強を兼ねて、読売新聞のコラム「編集手帳」を読ませて、読めない漢字や意味のわからない言葉などを調べさせています。



が、・・・



これが、まったく読めません。



普段、塾で音読をさせることが無いので気づかないのですが、それほど難しくないだろうとこっちが思っている漢字も、そんなことお構いなしで平気で間違えて読んでいます。



間違えて読んでいるので、その言葉の意味を調べようにもネットで検索することすらできないんですね。



まだ、意味を調べようとしていれば良いほうで、まったく別の読み方をした挙句、とんちんかんな意味を勝手に思い込んで全体の内容を読み進めようとしていることもざらにあります。



あなた本当に日本で15年間生活してきましたか?と聞きたくなりますよ。



だから単に、



「読めない漢字を誰か他人に聞いて、意味はネットで調べて!」



と課題として指示しているだけでは、実は何にも勉強になっていないことがよくあります。



感覚的に、半分くらいの生徒はこれを家庭学習で自学するのはとても無理なレベルじゃないかと。



面と向かって、コラム全体を一度音読させてみて、間違えて読んでいる漢字を拾ってあげて、さらに意味がわかって無さそうな語句をピックアップしてあげて、やっとなんとか勉強になるかな・・・という感じ。



これだけで1時間たっぷりかかることもよくあります。



時間の限られた塾の授業では、どうしても英語や数学が優先されてしまいますが、母国語をそんな状態のまま3年も放っておいたら、そりゃあ入試の国語の読解なんて、なかなか対応できないでしょう。



さらに言えば、英語の長文にしても、理科や社会の問題にしても、日本語がそんな感じですから、入試レベルではその問題文言わんとしているところをつかむ間もなく終わってしまっているんだろうなというのが容易に理解できます。



本当は、こうした国語の語彙力強化が、英語や数学の問題演習よりも優先されるべきなんですよね〜。



それはもう間違いないことだし、そうすべきなのは重々承知なんですが、なかなかそうはいかないのが辛いところです。



受験生になって、やっと本腰を入れることができるようになった頃には時すでに遅し。



早くから国語に力が入れられない原因は、今一つ何を勉強したら良いのかがわからない状態になっているからです。



言葉なので、語彙と文法はどちらも絶対に必要です。



でも、学校の授業ではどちらもあんまり力が入ってないような・・・



結局、目先の英単語の暗記や、計算問題に目を奪われて、もっともっと重要で、ずっとずっと必要な勉強が後回しにされています。



日本語検定や語彙検定みたいな、日本語力を客観的に数値化できるもので、各年代にふさわしい目標が指標化されていると良いのでは?



それを学校のテストの中に組み込んでいければもっと国語の重要性が伝わるように思いますけどね〜。



まあ、そんなことを今言ってみてもしょうがないので、コツコツと語彙を増やさせるのみなのですが、もうちょっと皆さんに危機感を持ってもらわないといけないです。

画像


テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
【塾長日記】語彙がまったく足りていないのを短期間でなんとかするのは難しいのです。 個別学習のセルモ 竜操教室 塾長日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる