個別学習のセルモ 竜操教室 塾長日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 【塾長日記】獅子博兎(ししはくと)

<<   作成日時 : 2017/09/14 16:31   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

獅子博兎(ししはくと)とは?

獅子は兎を狩るのにも全力を尽くすという話から、何事にも手を抜かず全力であたるべきというたとえ。




今、中3生たちの数学は、入試の大問1番の小問集合をひたすら解かせています。



”小問集合” というぐらいなので、どれもごく基本的な教科書の例題レベルの問題ばかり。



もちろん解き方のわからない問題があってはいけないし、解き方がわかっているからこそ、絶対に間違えてはいけない問題です。



それを常に意識させながら問題を解かせているのですが、何度やってもミスが減らない生徒が居ます。



このミスですが、普段の数学の成績が良いか悪いかとは、必ずしも結びつきません。



そこそこ難しい応用問題も解くような、数学を得意としている生徒でも、ミスが多い子はちょこちょこ間違えます。



逆に、なかなか応用問題までは手が回らない、数学が苦手な生徒でも、この小問集合だけはほとんど間違わないという生徒も居ます。



基本的なことや誰でもできることであっても、間違えずにきっちり100%やり切るというのは、簡単にできることではありません。



もし、この大問1番だけで時間を充分与えて点数勝負をしたら、普段のテストの成績順とは違った結果になるに違いありません。



いつも言うことですが、計算ミスの多い生徒というのは、自分が計算ミスをすると思っていないのです。



だから、自分の計算を100%信用しています。



早く解き終わって余裕があったとしても、見直しをするという意識がありません。



これが数学が得意な生徒になると特に、計算ミスをしていても他でカバーできていることが多いので、多少の計算ミスを深刻に受け止めていないことが多いように思います。



計算ミスが少ない生徒というのは、自分が計算ミスをするということをよく知っています。



自分の計算を100%は信用していません。



だから、常に合っているかどうかをチェックする癖がついているのです。



数学のテストで安定して点数を取れる生徒というのは、そうやって、簡単な計算ミスをほとんどしないものです。



ただそうは言っても、入試という限られた時間の中で、いつもチェックに時間をかけられるわけではないので、ゆっくりでも良いから正確に!という解き方が常に良いというわけでもないのが難しいところ。



結局、当たり前ですが、速さと正確さのどちらについてもずっとずっと鍛えていかなければいけないのです。



どんなに簡単な問題を解く場合でも、今より速く、今よりも正確に解くということに関してはこれで充分という上限はありません。



もし数学が得意なのであればなおさらですが、



より速く、より正確に解くために全力を尽くすことができる力、誰でも解けるような基本的な問題は特にそうですが、手を抜くことなく、より高みを目指すことができる力が求められているのです。


画像


テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
【塾長日記】獅子博兎(ししはくと) 個別学習のセルモ 竜操教室 塾長日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる