個別学習のセルモ 竜操教室 塾長日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 【塾長日記】選抜チームに入っても勝ち抜いていける自信がありますか?

<<   作成日時 : 2017/09/05 15:51   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

公立中学校は入学者選抜をするわけではないので、いろいろな属性の子たちがやってきます。



成績の面でも、言い方は悪いですが上から下まで。



朝日高校に進もうというトップ層も居れば、勉強はまったく嫌いで小学校の勉強すら怪しいという子たちも居て、皆一緒の教室で勉強をしています。



だからなのかよくわかりませんが、成績上位層の生徒たちに危機感がまったく無い子が多く居るのが気になります。



特に、勉強面ではそれほど努力をしていないのに、中学校内で上位の成績をキープできている生徒がそうです。



自分より下の生徒たちがたくさん居るし、現状で充分と思っているのでしょう。



そんな無理して勉強しなくても、今の位置をキープできているし、俺って、どちらかと言うとできる方だし・・・



ということで、自分の能力に甘えて、コツコツと努力をするという姿勢に乏しいのです。



自分よりできる子たちや、自分より努力をしている生徒を見ないで、自分よりできない子や、自分よりも努力しない生徒を見て安心しているんですよ。



志望校が手の届く位置に入ってきている生徒はさらに、何もしない傾向にあります。



受験だと言っても、別にそんなに頑張らなくても行きたい高校、しかも結構上位の学校に行けるし・・・(少なくとも〇〇たちよりは上)



そういう風に、自分より常に下を見て安心する心理状態が普通になっているので、自分の現状にまったく危機感が湧いてこないんですよ。



そりゃ、現状のままでも合格はできるかもしれませんよ。



でも、志望した高校へ合格することがゴールになっていて、その先のビジョンがまったくありません。



当たり前ですが、高校へ合格すると、一緒に通うようになるのはその高校に合格することができた人たちだけです。



入試で足切りがされるので、下を見たくても、一定より下の層はごっそりと居なくなってしまいます。



つまり、自分は何も努力してないのに成績で簡単に勝てていたような相手は、同じ学校にはほとんど居なくなるのだという当たり前のことに早く気が付いてください。



特に県立の普通科に進学するということは、大学入試に向けた勉強の選抜チームに入るということです。



仮に中学校で上位の成績だったとしても、高校へ入ったらその選抜チームの中では最下層だったということも充分に考えられます。



勉強についてそれなりのレベル以上の人が集まるところですから、当然、今までと同じように何も努力しないで何とかなるはずがないのです。



それどころか、選抜チームに見合った授業内容、授業スピード、課題の質と量、様々な面で今まで以上の努力を求められるのは間違いありません。



そのことを理解しておかないと、たとえ志望校の普通科に合格できても、その後の勉強についていけなくなるのは目に見えています。



そういう危機感がまったく欠如していることが問題なのです。



どのような成績層に居たとしても、どのレベルの学校へ進学するにしても、自分の居る集団の中で常に上を見てコツコツと努力し続けることができるか。



結局それが一番大切だということを、成績の面で今特に問題の無い生徒たちにもよく理解しておいて欲しいと思います。


画像



テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
【塾長日記】選抜チームに入っても勝ち抜いていける自信がありますか? 個別学習のセルモ 竜操教室 塾長日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる