個別学習のセルモ 竜操教室 塾長日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 【竜操教室 塾長日記】受け流した後にどうするか。

<<   作成日時 : 2018/01/08 18:29   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

前回、わからないことにぶつかったときに、とりあえず受け流せ!とは言いましたが、それはあくまで「とりあえず」の話です。



そのまま受け流したまま、できることだけやっていたのでは、いつまで経っても成長できません。



勉強というのは、わからないことをわかるようにすることだからです。



勉強ができる子は、自然とそのことが身についているので、受け流せ!と言われて一旦その場はやり過ごしても、必ず後で自分からそこを振り返ります。



そのままにしておくのが嫌だから、できるようになるまで他人に教えてもらうか、自分で繰り返し練習をするのが当たり前になっています。



そういう子は、当たり前ですが、放っておいてもできるようになります。



でも、勉強ができない子というのは、わからないことをそのままにしておいても平気なので、受け流せ!と言われたら、やらなくていいんだ・・・と誤解します。



後で振り返らせようとすると、「やらなくていいって言ったじゃん!」と文句を言います。



自分がわからないことや知らないことがあっても、なんとも思わないので、できれば面倒なことはしたくないという気持ちの方が優先されるのですね。



要するに、受け流せ!という同じ指示でも、その子のステージによって捉えられ方はまったく違います。



もちろん、同じことを教えるのに、前者と後者ではアプローチもまったく変わってきます。



当然、子供たちのタイプもこのように簡単に2つに分類されるものではなく、知的好奇心の有無も十人十色で違うので、日々試行錯誤の繰り返しです。



わからないことにぶつぶつかったら、とりあえず受け流せ!



というところまでは良いとして、あとはその後どうするのかというところが肝心なのです。

画像


テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
【竜操教室 塾長日記】受け流した後にどうするか。 個別学習のセルモ 竜操教室 塾長日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる