個別学習のセルモ 竜操教室 塾長日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 【竜操教室 塾長日記】スマホの使用による学力低下をどうする?

<<   作成日時 : 2018/03/23 14:25   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

新学期になって初めてスマホを持たせるご家庭も多いからなのか、この時期、スマホと成績に関する話題がネット記事で増えてきているようです。



実は、今となっては当たり前なのですが、うちの塾は以前から携帯やスマホの塾への持ち込みを特に禁止していません。



ちょっと前まで、絶対持ってくるな!みたいな塾がたくさんありましたもんね。



うちでは、前から、どう扱おうが基本的に本人の自由にしています。



特に自習時間になれば、スマホで辞書を引く生徒も居れば、キーワード検索をする生徒も居るし、暗記物のアプリを使っている生徒も居るし、動画を見ている生徒も居ます。



LINEで友達から範囲を教えてもらったり、答を送ってもらったり。



今やスマホは、便利な学習ツールのひとつになりつつあります。



もちろん自由にさせていると、音楽を聴きながら自習をしていたり、合間にLINEで会話をしていたりという生徒も中には居るわけで、そこはもう自己管理の世界だと思っています。



ルールとして禁止するのは簡単なんですよ。



でも、それでは自己管理能力は絶対につかないと塾長は思います。



塾よりも学校よりも、圧倒的に長い自分一人の時間にスマホとどう向き合っていくのか、それを自分で考えて自分でコントロールする力をつけなければ意味がないのです。



LINEを気にしていたら集中できないだろう・・・とか。



音楽を聴きながら勉強するのも良い面と悪い面があるだろう・・・とか。



もちろん、勉強以外の時間でのスマホとの関わり方も含めて、いろんなアドバイスは常にしますけど、決めるのは自分自身です。



当然、結果の責任も自分で負わなければいけないもの。



単にスマホを禁止すれば、それで成績が上がるなんていうのは幻想でしかありません。



そうではなくて、スマホとの付き合い方を自分でコントロールできるかどうかが問題なわけで・・・



これは塾の生徒を見ていてはっきりしている傾向なのですが、



中学生で県立普通科高に合格するレベルの生徒は、別にこちらが禁止したり注意したりしなくても、教室内でスマホを見たり触ったりすることはまずありません。



たとえ長時間になってもです。



でも、成績中位から下の生徒は、自由にさせていると必ずスマホを気にする時間が出てきます。



急ぎの用件があるわけでもないのに、我慢しろ!と言われなければたった1〜2時間を自分で我慢することができないのです。



そういう生徒たちを見ていると、いろんな"欲"に対する自己管理能力や価値観が、このスマホの扱いに集約されているんだろうなぁと思います。



学習時間が確保できないとか、勉強に集中できないとか、その結果成績が低下するといった根本的な原因は、要するに”欲”の自己管理にあると思います。



だから、単にスマホだけを外形的に禁止したり制限しても、それが他の”欲”(例えばゲームとかテレビとか漫画とか)に変わるだけで、学力低下の根本的な解決にはなり得ないと思うのです。



スマホとの向き合い方ももちろんですが、いろんな”欲”に対する自己管理能力について自分自身でしっかり考えることができるように、スマホの扱い方を通じてそういう指導をしてくことができればと思います。

画像


テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
【竜操教室 塾長日記】スマホの使用による学力低下をどうする? 個別学習のセルモ 竜操教室 塾長日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる