個別学習のセルモ 竜操教室 塾長日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 【竜操教室 塾長日記】別に腹が立って怒っているわけじゃない(・・・はず)

<<   作成日時 : 2018/07/05 17:19   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

定期考査にお決まりでセットなのが各教科の提出物です。



当たり前ですが、提出物は期限内に提出するのが当然。



ところが、クラスに何人かは提出物が期限内に出せない生徒が居ます。



「すみません。先生、今日が期限の提出物ですが、明日持ってきて良いですか?」



どういう答を期待しているのかわかりませんが、塾長の答は決まっています。



「良いわけないでしょ?提出点はマイナスします!」(怒)



そう答えると、決まって「え〜⁉たった1日遅れただけで・・・」って驚かれるんですけどね。



そもそもそういう質問をすること自体、提出物に対する認識が間違っているのです。



基本的に、今日出せないものが明日出せるという理屈がおかしいわけで、「期限を過ぎたのですが、ちゃんとやったので見るだけは見てください。」とでも言うのならまだしも、「良いですか?」はありえません。



だって、例えばマクドナルドに行ったとします。



レジで注文とお会計をしてしばらく待っても出てこないので、どうしたのかな?と思っていたら店員がやってきて、



「すみません。出そうと思ったんですけど、今日はちょっと無理みたいなんで、明日でも良いですか?」



って言われたらどうします?



じゃあ、お金返してよ!(怒)ってなるでしょ。



その時に店員が、「え〜⁉たった1日遅れただけでお金返すんですか?ちゃんと謝ったのに・・・」って言ったら、もう絶対喧嘩になりますよね。



しかもその理由が「忘れてました。」とか、「時間がありませんでした。」とか、「できたんですけど置いてきちゃいました。」とか。



だいたい、そんな店はお客さんが居なくなってすぐつぶれちゃいます。



社会に出たら、期限を守る、約束を守るということはそういうことです。



大人になるということは、そういう期限や約束事を最低限守れるようになるということです。



ちょっとだけなら大丈夫やろ・・・



俺ひとりぐらいどうってことないやん・・・



そんなことを考える奴がたった一人でもいるだけで、組織は、会社は、地域は、社会は、ちゃんと回らなくなるんです。



いつまでも子供のような考えのままで、いつまでも誰かに養ってもらって、いつまでも一人では何もできないで良いのなら、別にこれ以上言うことは何もありませんが。



学校というのは、ちゃんとした大人になるための準備の場です。



だから、塾長は別に腹が立って怒っているわけじゃなくて、叱ってるだけですからね。(のはず)



そこのとこ、お忘れなく!

画像


テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
【竜操教室 塾長日記】別に腹が立って怒っているわけじゃない(・・・はず) 個別学習のセルモ 竜操教室 塾長日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる