個別学習のセルモ 竜操教室 塾長日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 【竜操教室 塾長日記】小さすぎる文字は致命的!

<<   作成日時 : 2018/08/22 15:16   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

最近老眼がどんどん進行しているようで、手元の小さな文字が全然見えません。



かと言って目から離すと、今度は遠すぎて読めません。



ハズキルーペのCMの渡辺謙の心の叫びに共感したりして・・・



悲しいです。



だから・・・



というわけではありませんが、数学のノートを書くときに、やたらと小さい文字で書くのは止めて欲しいと思います。



1行に分数を押し込めて書いていたり、式と式の間を詰め詰めで隙間なくびっちり書いていたり。



将来、お米に字を書く職人さんにでもなるんですか?というぐらい、まるで何かの修行のように小さく小さく書いている人が結構多いのです。



そういう子は几帳面な性格の子が多いのか、字が結構綺麗で、だからびっちり数式が書き込まれたノートを見ると、時にはまるで幾何学的なデザイン画のように、美しく感じることがあります。



おそらく書いている本人も、そういう状態こそ、あるべき美しいノートの姿だと勘違いしているんだろうと思います。



美術の時間だったら、それで良いかもしれませんけど。



数学でノートを書く目的はその問題を間違いなく解くためです。



そして、できるだけ早く解くという目的もあります。



その目的に沿って書いているかどうかを常に自分でチェックして欲しいのです。



計算式を丁寧に書くことはとても大切ですが、そのために時間がかかり過ぎていたのでは本末転倒です。



どう書けばより早くより正確に解き進めることができるかを常に追求したら、普通の人は1行の狭い中に分数を押し込めたり、式と式の行間をきちきちに詰めたりはしないはず。(と思います。)



これは、けして塾長が小さい字を読めないから言っているわけではないのです。



特に高校数学になると、累乗や指数だけでなく、logやシグマやインテグラルなど、数式の中にさらに小さい数字を書き込むことも増えてきます。



その時までには、文字の大きさや行間などで余裕を持った書き方に慣れていないと、いくら健康な若者でも、自分の文字を読み取るのに無駄な苦労をすることになり、間違いなく自分で自分の首を絞めることになってしまうでしょう。



今まで、この書き方で何の問題も無かったから・・・と思っていても、ただ問題に気付いていないだけです。



極限のスピードと、極限の正確性を求められてくれば、最適な文字の大きさや行間というのは自ずと決まってくるはず。



今までの習慣を修正するとなると大変ですが、できるだけ早い段階から余裕を持った書き方に修正することをお勧めします。

画像


テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
【竜操教室 塾長日記】小さすぎる文字は致命的! 個別学習のセルモ 竜操教室 塾長日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる