個別学習のセルモ 竜操教室 塾長日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 【竜操教室 塾長日記】宿題は予定通り終わらせていますか?

<<   作成日時 : 2018/08/27 15:44   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

夏休みも残すところあと1週間となりました。



地域によっては、もう今日から学校が始まっているところもあるようです。



まだ1週間も残っていると思うか、あと1週間しか残っていないと思うかは、人それぞれでしょう。



課題はとっくに終わって余裕の生徒も居れば、ここからやっとラストスパートに入る生徒も居ると思いますが、どうせやらないといけない課題なら、早め早めにやっておく方が精神的にも楽だと思いますけどね。



でも、この時期、テレビで見る有名な大人たちが決まって話す夏休みエピソードは、



「宿題、いつもぎりぎりになって苦労してた。」



そういう話ばかりでしょ?



あまり勉強が得意で無さそうな芸能人とかアスリートとかならまだしも、大学教授とか、企業経営者とか、アナリストとか、場合によってはアナウンサーとかもそうだと思うのですが、要するに頭の良さそうな、勉強ができそうな人たちまで、こぞって、



「絵日記を1日でまとめて書いて大変だった。」



「始業式前に何日か徹夜で仕上げた。」



「作文で苦労して誰かのを写した。」



「絵が描けなくて、親に手伝って描いてもらった。」



「そもそも宿題をあまり出さずに先生によく怒られた」



などなど。



夏休みの宿題について、大変だった、嫌だった、面倒だった、多かった、適当にごまかした・・・



そういう話ばかりを武勇伝のように話しているのを聞くと、ちょっと控えてくれないかなあと個人的には思います。



そういうのばっかり聞いている子供たちだって、なんだ、皆そうなんだって思ってしまうじゃないですか。



夏休みの宿題なんて真面目にやらなくても、こんなに成功している人ばかりだって思われたら困ります。



中には、



「計画的にこなして、前半ですべて一通りは終わらせて、残りの期間は解き直しをしたり、自分の勉強をしたり、余裕を持って有意義に夏休みを過ごしていました。」



というような優等生的なコメントもあって良いと思うのです。



そういう、夏休みの宿題と真面目に向き合って処理している人だって、世の中にはたくさん居るはずなのに。



謙虚なのは日本の美徳かもしれませんが、皆が皆、不真面目さを武勇伝のように語るのはちょっとどうかな?と思います。



例えば、テストの当日に、「俺、全然勉強してないよ〜」って言いつつ高得点を取る奴居るじゃないですか。



こういう奴の話は、絶対に信じちゃダメってことです。



とにかく、さっさと終わらせるものを終わらせていきましょう。

画像


テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
【竜操教室 塾長日記】宿題は予定通り終わらせていますか? 個別学習のセルモ 竜操教室 塾長日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる