個別学習のセルモ 竜操教室 塾長日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 【竜操教室 塾長日記】なんでも公式で解決しようと思うのは止めてください。

<<   作成日時 : 2018/10/04 16:05   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

中学生の放物線。



変化の割合を求めるのに、例の”公式”を教えるの、止めて欲しいんですよね。



”xの増加量分のyの増加量” じゃないやつ。



アレですよ、アレ。



なんか意味あります?



まあ、ちょっとだけ解くのが早くなりますけどね。



他に発展性が無いというか、なんというか。



あと、中学生の図形。



扇形の面積を求めるのに、弧の長さと半径を使って求めるのも止めて欲しいんですよ。



そんな優先順位の低い公式を覚える前に、円と扇形の計量について理解しないといけないことが山ほどあるじゃないですか。



これから高校生になると、知ってると確かに早く解けるけど、実はほとんど出題されることが無い公式というのが山ほど出てきます。



せっかく暗記しても、実はその公式をそれから一生使わなかったなんてことも必ず起きます。



絶対に必要な公式。



知らなくてもその場で導くことができる公式。



使わなくても別のやり方で対応可能な公式。



などなど。



一口に数学の公式と言っても、その重要性にはレベルがあるのです。



何も考えないで優先順位の低い公式まで全部覚えていたら、ただでさえ少ない脳内の記憶容量を圧迫してしまうじゃないですか。



それに、せっかく公式を覚えていても、ちょっと出題のされ方をひねられただけで使い物にならないような丸暗記では意味がありません。



塾長は、「数学は暗記科目だ!」というのが持論ですけれど、それは単に使えない公式をたくさん覚えろということではないのです。



数学に関して、公式さえ覚えておけばなんとかなる・・・なんてことは絶対にないので。



公式には優先順位があって、テストで点を取るという目的において必要なものもあれば、必要でないもの、意味の無いものもたくさんあるということを理解して欲しいと思います。

画像

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
【竜操教室 塾長日記】なんでも公式で解決しようと思うのは止めてください。 個別学習のセルモ 竜操教室 塾長日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる