【竜操教室 塾長日記】やることが多ければ多いほど優先順位を常に考えること。

勉強をしているとき、問題を見たら大きく3つに分類すること。



① 自力で解ける問題。



② 今、自力では解けないが、次には解けそうな問題。



③ しばらく手も足も出なそうな問題。



短期的に取り組むのはもちろん「②」です。



気が付くと、手も足も出ない問題を延々と見つめていたり、逆に簡単に解ける問題ばかり解いていたり。



何のために勉強しているのかを意識して欲しいと思います。



テストを解く時にも、大きく3つに分類します。



①解き方もわかるし、時間もかからない問題。



②解き方はわかるけど、時間がかかりそうな問題。



③解き方のわからない問題。



解く順番はもちろん①→②→③。



どうしても出題順に解こうとして時間配分を間違えるでしょ?



ただ目の前のことをこなせば良いのではありません。



テストでは、確実に点数を取ることが求められているのであって、難問を解くことが求められているのではありません。



優先順位をしっかり考えること。



それも自分自身で!



で、どれからやります?

画像


www.facebook.com/katsutoshi.shibata.35

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック