【竜操教室 塾長日記】今できないことに危機感を持って!

押し迫っての受験勉強では、見たことのない問題や解けない問題に出会ったら、



「もしこれが入試に出たらどうしよう?」



って危機感を持ちます。



だから、次に出会ったときには解けるように、先生に質問したり、教科書を調べたりします。



当たり前でしょ?



でも、その危機感が今までに当たり前になっていないから、定期テストや自己診断テストで苦労をしてきたのです。



そこをぜひ反省しておいてほしいと思います。



授業で習っていることを再現するのはテストの時なので、その時に解けなかったら勉強をしている意味がありません。



逆に言えば、習っているときにできなくても、テストの時までにできるようになっていれば良いだけのこと。



普段から、できない問題や知らない知識に出会ったら、危機感を持って、次に出会うまでにできるようにしよう!と思ってくれれば良いのです。



やったらやりっぱなし。



解き直しの宿題も、単に面倒な作業になってませんか?



その積み重ねが今の自分を作っているのです。



勉強は、今できないことを次にはできるようにすること。



受験勉強というのは、それに気が付くチャンスの一つですから。



できればそこに至るまでに、できるだけ早く気が付いて欲しいのです。

画像


www.facebook.com/katsutoshi.shibata.35

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック