【竜操教室 塾長日記】質問する前にやることがあるじゃろ?

問題は、まず解いてみるところから。



で、わからなければ答を見ましょう。



それでわかれば、あとは答を見なくても自力でできるまで繰り返す。



もし答を見てもわからなければ、初めてそこで質問が生まれます。



どうしてこの答になるのか。



なぜそんな出し方をするのか。



そこまで考えれば、自ずと質問の内容は的を射たものになるはずなんですよ。



なんだか、漠然として、何が聞きたいのか自分でもわかっていないような質問をしていたのでは、たとえどんなに素晴らしい解説を聞いたとしても、やはり漠然とした状態は何も解消しません。



質問をして、その解説を聞くことが目的なのではありません。



目的は、答を見なくても、他人に聞かなくても、自力で正解をかけるようになることです。



1回答を見ただけで、1回他人に聞いただけでそんな状態になるんだったら、誰も苦労はしませんよ。



だから、まずは自分で解いてみるところからスタートです。



自力で解けないのであれば、答をできるだけ早く確認して、解けるようになるまで繰り返す。



それだけのことです。

画像


www.facebook.com/katsutoshi.shibata.35

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック