【竜操教室 塾長日記】真面目にノートを取っていれば良いってわけじゃなかろう?

黒板に先生が書いたことをノートに写すだけで問題が解けるようになったら苦労はしません。



おまけに、その先生が、単に教科書に書いてあることをそのまま板書しているだけだったら、さらにまったく意味がありません。



ところが、そんな意味の無いことが普通に行われている現状があるようです。



ノートをきちっと取ることが目的化してませんか?



目的は、問題を自力で解けるようになることであり、それをテストで再現できるようになることです。



だから、そのために必要なことであれば、当然ノートを取ることも大切な場面があるでしょう。



でも、教科書に書いてあることをただ先生が黒板に写し、そしてそれをただ生徒がノートに写し・・・



綺麗に書けたノートを見て満足し、綺麗に書かれたノートをチェックして満足し。



目的はそこなんですか?



それで、できなかったことができるようになってるんですか?



なんでそんな非効率的で非生産的なことがまかり通るのか、さっぱりわかりません。



それも、おそらく小さい頃から何年もかけて習慣化されているから、おかしいと思うことすら無いわけで。



まず指導する側が目的を見失わないようにしなければいけないし、指導される側も何が目的なのかを常に考えられるようにしなければいけないのです。

画像


www.facebook.com/katsutoshi.shibata.35

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック