【竜操教室 塾長日記】良かったか悪かったかは、何に対して?が大事。

高校では、中間テストが返却されています。



良かったですか、悪かったですか。



そもそも、それを判断する基準を自分の中に持っているかが大切です。



このテストの点数は何のために必要なのかということを自分なりにしっかり考えてみて欲しいのです。



なんとなく、前回と比べてとか、隣の友達と比べてとか、平均点と比べてとか。



そういう感覚的な良い悪いだけではダメです。



何のためにこの授業、この勉強が必要なのか。



今さら、大人になってから必要なんて思ってないですよね。



そんな遠い未来の話ではなくて、目の前の自分が希望している進路に必要だから勉強をしているんですよ。



だから、校内順位ではどのあたりにいないといけないとか、偏差値はどの程度取ってないとダメとか、あるいは必要な評定を取らないといけないとか。



そういう具体的、現実的目標に対して、良かったのか悪かったのか。



だから、あとどれくらい頑張らないといけないのか。



そこをちゃんと考えて判断しましょう。



1、2年なんてあっという間ですから。


画像


www.facebook.com/katsutoshi.shibata.35

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック