【竜操教室 塾長日記】学んで欲しいのは内容よりも・・・

今日は高校の中間テストの成績締め切り日。



定期テストに向けた課題の最終提出日でもあります。



もちろん、本当の提出日はテスト当日だったので、それから1週間。



顔を合わせるたびに、



「出してよ!」→「出します!」



「まだなの?」→「明日には出します!」



こういう問答をのらりくらりと繰り返す生徒が必ず数名居ます。



けっして出せないような量じゃないし、できないような内容でもないのですが、仮に埋められなくても、ここまではやりました!って持って来れば話もできるんですが・・・。



単純に出す気が無いのです。



課題点と態度点で20%も配分があるのですが、この状態では0%にするしかありません。



もったいない・・・



そう本人が思っていない、考えられないということが本当にもったいないと思います。



学校というのは、社会に出てからの掟を学ぶ場です。



なぜ提出物を出さないといけないのか、それを学ぶのが社会に出てからでは遅すぎるのです。

画像


www.facebook.com/katsutoshi.shibata.35

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック