【竜操教室 塾長日記】やれ!って言われるからやるだけなん?

今やってることの目的を考えるって、とても大事なことです。



中学生ぐらいだと、自分の意志で何かをしているのではなくて、誰かの意志でやらされていることばかり。



だから、いちいち自分の行動の意味を考えていないことが多いのです。



勉強でも、宿題でワークをやりなさい!と言われるからやっているだけで、それが後々テストで出題され、その時に自力で答えられるかどうかの勝負になるのだということが全然わかっていません



提出物が出せればそれで終わり。



学校の授業も、とりあえず静かに聞いて、ノートを取って、それで終わり。



だから、テスト勉強はテスト勉強で、それがまた別の話になっていて、全然リンクできていないのです。



どうせ後からやるんだったら、最初からちゃんとやっとけば、効率が良いのに・・・。



それがわかっている人は、問題を解く1回1回の経験がすべて次につながっているので、テスト前だからと言って急に時間をかけなくても良いのです。



これこそ、日々の小さな積み重ねなので、この意識を叩き込むことが大切です。



言われたことをこなしているだけではダメですよ。



まあ、言われたことすらやらないよりは100倍良いですけど。

画像


www.facebook.com/katsutoshi.shibata.35

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック