【竜操教室 塾長日記】数学ができるようになるには、まず反復から。

英単語の勉強をするとき、どうやります?



日本語を見て、例えば「重要な」という単語を書けと言われて、わからないときですよ。



まず第一に、辞書引きますか?



引かないでしょ。



他人に聞きます?



隣に居たら聞くかもしれませんけど、わざわざ先生に聞きにはいかないはず。



だって、普通は答がありますから。



それを確認して、「important」というつづりを”覚えられるまで”繰り返し書いて覚えるだけじゃないですか?



なぜ「i」のあとが「m」で、「m」のあとが「p」になるんですか? なんてことはどうでも良いことで、まずは覚えることからスタートするはず。



数学だって、基本的な問題についてはまったく同様の勉強法のはずです。



いちいち教科書を調べたり(それはそれで大切ですが)、すぐ先生に聞きに行くのではなくて、解き方を覚えられるまで繰り返し解く方が優先じゃないですか?



面倒だけど、それをやらない限りは定着するはずがありません。



なぜそうやって解くのかは、とりあえず後回しでも良いのです。



英単語の勉強ならそうするはずなのに、数学の勉強だとなぜか別物のようにそうやりません。



だって、同じ問題を繰り返すのは面倒ですからね。



そんな面倒なことをするよりも、毎回「わかりません!」って言っとけばそれで終わってしまうから。



英単語の勉強だったら、「わかりません!」は通用しないということが皆の共通理解になってます。



「わかりません!」じゃなくて、「覚えてません!」ってことだし、要するに「覚える努力をしていません!」ってことでしょ?



数学だって同じなんですよ。



「わかりません!」というのは「答や解き方を覚えてません!」ってことだし、「その答を覚える努力をしていません!」ってことなんですよ。



「わかりません!」って言っておけば、反復して覚えるという作業から解放されると思っている限り、数学なんてできるようになるはずがないのです。

画像


www.facebook.com/katsutoshi.shibata.35

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック