【竜操教室 塾長日記】正答率は問題作成者のさじ加減では?

全国学力テストの結果が発表されています。



今年初めて実施された「英語」の正答率が低いので問題なんだそうです。



4技能の中でも、特に「話す」の正答率が30%程度でひどいらしいです。



本当にそうなんですかね?



なにせ、「初めて」ですからね。



作成者側がどんなレベルで問題を作るのか、受検する側がどんな問題を想定しているのか、そのあたりのバランスの問題でしょ?



この1回をもって、英語に課題アリと結論付ける分析コメントって、本当に信用して良いものなのでしょうか?

yjimage.jpg
www.facebook.com/katsutoshi.shibata.35

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント