【竜操教室 塾長日記】変化の割合は1か所では求められない!

関数で習う「変化の割合」



求める式は、「xの増加量分のyの増加量」でした。



1か所の座標がわるだけでは、変化の割合をつかむことはできません。



数字の傾向が、増加しているのか、減少しているのか、どの程度増加(減少)しているのかを見るためには、最低2か所を比べないと意味がありません。



例えばテストの結果で、



数学95点(平均より30点UP)



というのと、



数学95点(前回より30点UP)



というのでは意味がまるで違いますし、そもそも前者では傾向がまったくわかりません。



数学60点 → 95点(30点UP)(平均60点 →65点)



と、ここまでわかれば、今回はすごく良かったんだね~と分析することができるのです。



よく塾の窓に貼ってありますけどね、どうせ貼るんなら、ここまでアピールすべきでしょ?



たとえ90点でも反省はしないといけないし、たとえ30点でも褒めてあげるところがある。



大事なのは、流れをつかむことですよ。

RS=^ADB6jBUN9YKpoFJdZUDz7eYbBobGAw-.png
www.facebook.com/katsutoshi.shibata.35

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント