【竜操教室 塾長日記】変化の割合は1か所では求められない!

関数で習う「変化の割合」 求める式は、「xの増加量分のyの増加量」でした。 1か所の座標がわるだけでは、変化の割合をつかむことはできません。 数字の傾向が、増加しているのか、減少しているのか、どの程度増加(減少)しているのかを見るためには、最低2か所を比べないと意味がありません。 …
コメント:0

続きを読むread more