【竜操教室 塾長日記】します、してます、しています

文法用語を教えないまま、会話だけで、雰囲気だけで教えるのって駄目と思うんですよね。



だって、日本語ですら厳密に意味しているところを考えたことがないから。



します、してます、しています



する、してる、している



した、してた、していた



しました、してました、していました



日本語で意味の区別がついていないんだもの。



そりゃ、それぞれで文法を変えるなんて難易度高すぎです。



これは現在形で、これは現在進行形で、これは過去形で、これは過去進行形で・・・



まずは日本語で区別するところからかな。



5年生から英語を始めたら、中学になったときにこの問題が解決されるんですかね~?



まったくそうは思えませんが・・・



2年後が楽しみです。

yjimage.jpg

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント