【竜操教室 塾長日記】このまま終息すれば、きっとまた忘れ去られる

なんでもかんでもICT化する必要は無いと思うんですよ。



街なかの公立の小学校や中学校なんてみんな近隣に住んでるんだから、1週間も放っておかなくても、時間差で1日に1回とか、2日に1回ぐらい登校させることはできるはず。



その際に、学校に受け渡しBOXのようなものを設置して、そこで課題を受け取って、前に受け取った課題の添削を返して、



さらに、「こんにちは!毎日元気にやってますか?」って担任と一言二言挨拶ができればそれで充分でしょう。



相談や指導があれば、添削の中で交換日記みたいにすればいいじゃないですか。



時代が違うとは言え、塾長が子供の頃は毎日日記の宿題があって、帰るまでには担任がコメントをしてくれてました。



授業の無い今なら、1日おきの交換日記ぐらいはできるんじゃないでしょうか。




今後のことも考えて、この機会にICTに慣れていくことは必要ですけれど、アナログですぐにでもできることまで無理して今ICTにやらせることは無いと思います。



できることはやらせて



できないことはやらせない



なんで、0か100かみたいになっちゃうのか、大きな疑問なのです。

yjimage.jpg

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント