【竜操教室 塾長日記】ぜひ音読を聞いてやってください。

中学生には、新聞のコラムを読ませて読めない漢字や意味のわからない言葉を調べさせているのですが、少しずつ「音読」をさせてみることにしています。



他の生徒が居る中なので、毎回毎回頻繁にはできないのですが、音読をさせてみると新たな気づきがたくさん出てきます。



漢字の読み間違いはもちろん、読めているはずと思っていた漢字が読めなかったり、意味がわかっているはずという言葉が全然理解できていなかったり。



文節の切れ目、言葉の切れ目がわかっていないことも音読をさせることでよくわかります。



言葉の切れ目がわからない以上、文の構造、つまり主語が何で述語が何で修飾語は何でその被修飾語は何かといったようなこともわかっていないということ。



初見でスラスラと読むのは難しいとしても、模試や入試で目にする文章はもちろん初見ですから、ある程度流暢に読めない限り、意味を考えて問題に答えるのは難しいでしょう。



だから「音読」ってとても大切なことだと思います。



できれば毎回、全員の音読のレベルを確認して、流暢に読めるように練習を積ませたい・・・



でも、他にも生徒の居る教室内では物理的に難しいのです。



どうしようかと思っていたのですが、そうだ、家庭学習で読んでもらえればいいんだと気が付きました。



小学校の宿題ではポピュラーな音読ですが、中学生になるとまったく宿題では出されませんし、学校の授業でも読まされる機会がぐんと減っているはず。



保護者の方にも、一度でも良いのでお子さんの音読を聞いていただければ、危機感を持っていただけるかも・・・



もしも国語力のUPを望まれるのであれば、ご面倒ですが、毎日5分ほどで良いので、ぜひお子さんの音読に付き合って欲しいと思います。



時事問題の把握にもつながりますし、おススメです。

$RWUWYSW.jpg

とは言え、これがなかなか難しいんですよね、反抗期ですし!


なんとかならないですかね。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント