【竜操教室 塾長日記】「できない問題」を「できる問題」に変えるのが勉強

できる問題からやれば良いよ~



ってよく聞く話ですが、それは時と場合によります。



テスト中だったらもちろん「できる問題」からやります。



あとは、提出期限まで残りわずかの時間しかない提出物とかワーク、プリントなどは、丸写しにならないように、「できる問題」だけでも自力で片付けるという気持ちが必要です。



でも・・・



提出まで時間のたっぷりある課題とか、自主的な復習で問題をやっているとか、テストに向けて実力を上げていこうという時に、「できる問題」からやる意味はあまりありません。



勉強というのは、できない問題をできるようにすることです。



自分の実力を上げていくためには、とにかく「できない問題」を早く見付けて、それを「できる問題」に変えていくことが必要です。



要するに、もう解ける問題、解き方のわかっている問題は後回しでいいんです。



問題を解き進める1番の目的は、「できない問題」を発見することです。



「できない問題」を見付けて、答を確認して解き直してみたり、塾なら先生に質問して理解するように努めたり、そういう行動が実力UPにつながります。



「できない問題」を飛ばして、「できる問題」だけ選んで解いていれば、すいすい解けるので気分は良いと思いますが、その後、「できない問題」は答を写すだけで終了していたのでは、実力UPにはまったくつながらないということを意識しておいて欲しいと思います。



時間をかけて勉強をしている割に、なかなか成績が上がらない理由のひとつはこれですから。


E58B89E5BCB7E381A8E381AFE887AAE58886E381AEE383BBE383BBE383BB.png

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント