【竜操教室 塾長日記】勉強をする前に、まず意識を変える。

ワークを解いていて、わからない問題に出会った時にどのように対応するかでその後が決まります。



とりあえず答を鉛筆で写して〇しちゃうとか。



とりあえず答を赤で丸写ししておくとか。



そんなことの違いはどうでも良いのです。



大事なことは、もしテストで同じ問題を出されたら???という危機感を持っているかどうか。



ワークの問題なんだから、そのままテストに出される可能性は高いわけで・・・



もし今これを解け!と言われたらどうするのか考えてますか?ってことです。



テストで対応するためには、一番良いのはその問題の解き方を理解して自力で解けるようにすることです。



解説を読んだり、先生や友達に教えてもらったりして、解けるようにしておけば何の問題もありません。



とても手が出ない問題だと思うなら、お勧めはしませんが、解き方はわからないまでも、答を覚えておくことだけで対応できるかもしれません。



あるいは、もしテストに出されたら、その時はその時であきらめる・・・という場合もあるかもしれません。



それでも、少なくともテストに出された時のことを考えているかどうかが大事なのです。



ところが、多くの中学生は、そういう想定すらできていないのです。



だから、わからない問題があったとしても、それをそのまま流してしまいます。



テストで出題されても、それがいったいどこから出題されたのか、自分は過去にその問題を解いたことがあるのかさえわかりませんし、そもそもそこに興味関心がありません。



その状態をまず変えるところからですよね~。



先は長いのです。


f254514590d2744b3f7963a29689dffb1.png

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント