【竜操教室 塾長日記】解くことが目的ではなく、解けるようになることが目的です。

問題は、自分で解いてみないと解けるかどうかはわかりません。



解説を聞くと、わかったような気になるんですけどね、じゃあ自分でやったらできるのかというと、それは怪しいのです。



そのことがわかっている生徒は、解説を一度聞いて理解したら、必ずもう1度同じ問題を自分で解きなおしてみる癖がついています。



そうでない生徒は、解説を聞いたら、すぐ次にいっちゃうんです。



だから問題集やワークでも、赤で答を写すことには熱心ですが、答を写したらもうそれで終わりって思ってるんですよ。



ワークやった?  →  はい、やりました!



って言う、あれです。



提出できる状態になったかどうかで言えば、確かに「やりました!」なのかもしれませんが、問題が解けるようになったかどうかで言えば、全然「やりました!」ではないんです。



その違いを理解していて、ただ面倒だから1回しかできていない・・・というのならまだ救いがありますが、多くの生徒はその違いそのものを理解できていないまま、やった気になってしまうところに大きな問題があります。



解けない問題は解けるようになるまで解きなおす。



目的は、解くことではなくて、解けるようになることですから。


20201108210848.jpg

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント