【竜操教室 塾長日記】確かめ算は、無意識で行えるようにするもの。

中2の数学は連立方程式です。



ごく単純な計算問題ですが、いくつかの計算が積み重なって、それらをすべてミス無くこなさないと正解にたどり着けません。



だからこそ、最後に必ず確かめ算をする癖をつけていくことが大切です。



毎年毎年、口を酸っぱくして、全員に「確かめ算」をするように指示をしますが、何度言ってもそれが定着しない生徒が結構居ます。



そういう生徒は計算ミスがなかなか減りません。



確かめ算をしている限り、連立方程式では「解けない問題」はあったとしても、「間違う問題」は無いはずなのですが・・・



仮に、中学校レベルの連立方程式ではなんとかなっていても、確かめ算をする癖がついていないと、高校数学になってから痛い目に合うことになります。



数学を極めようと思ったら、絶対に自分の計算能力を信じてはいけません。



1行1行計算を進めるたびに、「ちゃんと計算できているかな?」「間違っていたらどうしよう・・・」



そういう危機感が大事です。



常に確かめ算をしたり、別のやり方で解いてみたり、そういう癖をつけていくのに、最適の単元がこの連立方程式だろうと塾長は思っています。



このあとの数学の学習でも、



直線の式を求めたら、通る点を代入して合っているかを確かめたり、



因数分解の問題を解いたら、展開してもとに戻るかを確かめたり、



平方完成したら、カッコを外してもとに戻るかを確かめたり、



データを右から足して合計したら、直後に左から足して同じになるかを確かめたり、



積分したら、微分して元に戻るかを確かめたり。



いくらでも確かめ算のポイントはあるんですよ。



こういうのって、計算ミスの少ない人にとっては、意識しないでやっている当たり前の行為なんですけどね。



そういう習慣の無い人は、大学入試レベルの複雑な問題で、解き方も方針もすべて合っていたのに、出だしの途中計算の符号を1か所間違えただけで、最後までそのミスに気が付かずに点数が取れなかった・・・ってことになっちゃいます。



まあ、そこまでのレベルに行かなくても、解き方のわかっている単純な計算を100%解き切ることは数学の基本です。



確かめ算を都度都度、折々、そこかしこに挟みながら計算を進めていくことが無意識にできるようにしていきたいものです。

SC000653.jpg

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント