【竜操教室 塾長日記】痛い目に遭わないとわからない

数学の模試や入試問題で、大問の最初の問題を間違えるとどうなるか。



例えば、2次関数の問題で最初の平方完成を間違えて、頂点の位置が違ってしまったら・・・



残りの問題をどんなに頑張っても、全部ダメになってしまうことはよくあることです。



記述式の問題であれば、解き方の流れはいいんだけどね~って、同情の部分点はあるかもしれませんけれど、マークだったらもう全滅ですよ。



運良く、マークの穴にはまらない解答になってしまって、見直したら間違いに気づいたってこともあるかもしれませんが、たまたま穴にはまってしまったら、最後までミスに気が付かないかもしれません。



そうなったら、結果的にはまったく手が出なかった場合と同じ点数になってしまいます。



さらに、まったく手が出なかった問題に比べて、貴重な時間を消費してしまいます。



だからこそ、大問の最初の易しめの問題を絶対に間違えてはいけないのです。



そういう強い危機感で問題を解いていれば、1行1行の途中式も常に確かめ算を入れながら計算するのが当たり前になるはずなのです。



ただ、授業でそう懇々と言い聞かせてみても、自分がそんな目に遭ってみないとなかなか気が付かないものです。



定期考査や模試で痛い目に遭ってくれれば良いのですが、それが人生を決めるような本番入試だったとしたら・・・



生徒たちはその重みがまったくわかっていません。



毎年毎年、共通テスト後の自己採点でシクシクと泣く生徒を見るたび、やはり、定期テストでもっと痛い目に遭わせておかないといけなのか・・・と思います。



定期テストの採点は、甘いようで厳しく、厳しいようで甘い、生徒にとって意義のあるものにしなければいけないと強く思います。


201209216.jpg

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント