【竜操教室 塾長日記】何が大事かははっきりしている。

高校の定期テスト。



クラス全体の成績を見ていると、それまでの結果に比べて突然点数が伸びてくる生徒が居ます。



いわゆる「スイッチが入った」状態。



そうなると、目に見えて点数に結びついてきます。



別に、先生が変わったわけでも、授業内容が変わったわけでも、教材が変わったわけでも、テスト内容が変わったわけでも、なんでもないんです。



だって他の子たちは何も変わらないんだから。



単純にモチベーションのところでしょ?



そこだけで点数は目に見えて変わる・・・ってことは、成績を上げるために必要なのはモチベーション管理だってことをはっきり示してます。



先生でも、授業内容でも、教材でも、テスト内容でもないんです。



いや、それらが生徒のモチベーションにつながれば良もちろんいわけですが、要するに、良い先生、良い授業、良い教材、良いテストというのは、生徒のモチベーションで判断すれば良いってことです。



指導する側が、何が一番大事なのかを見失ってはいけないのです。

yaruki-switch-300x214.png

"【竜操教室 塾長日記】何が大事かははっきりしている。" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント