【竜操教室 塾長日記】まず課題、とにかく課題を終わらせる。

夏休みに入りました。



夏休み中の勉強は、まず課題を終わらせるところからスタートです。



親としては、課題以外にもいろいろな勉強をして欲しい・・・と思うのはよくわかりますが、それはまず課題が一通り終わってから考えるべきことです。



並行で進めても構いませんが、課題以外の勉強をやる一方で、課題がやっつけ仕事になってしまっては意味が無いのです。



それを繰り返していると、「学校の課題=いい加減にやって良い」って意識につながりかねません。



もしも学校の先生から出された課題をきちっとこなしていくことが当たり前になっていないのに、さらに別の負荷をかけてしまえば、ますます課題をいい加減にやる癖がついてしまいます。



そもそも「勉強」は、自分の能力や成績に対する危機感がその原動力になります。



自分が持つ危機感よりも、他人から与えられる負荷の方が大きくなってしまえば、その瞬間に「勉強」は「作業」に変わってしまいます。



「作業」をこなすだけでもスキルはつきますが、「勉強」に比べると恐ろしく効率は悪いし、本人のモチベーションも低いですからね。



本人が今これをやらなきゃ!と思ってやるかどうかってことです。



そのためには心に余裕が無ければいけないし、心に余裕を持たせるためには、まず提出期限のある課題を早々に終わらせることが有効なのです。



というわけで、まず課題を終わらせる。



家庭学習もすべてはまず課題を進めるようにお願いします。


"【竜操教室 塾長日記】まず課題、とにかく課題を終わらせる。" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント