【竜操教室 塾長日記】もしかして、めっちゃできるようになるんじゃない?

習ってないことを課題でやらされています。 でも本来それは、「予習」というもののはず。 自分で予習をして授業に臨み、その後復習をするというのが勉強の流れのはず。 わからない問題に出会った時、教科書の解説を読み、例題を解き、類題を解き、わからなければ解答と解説を読み、そしてもう一度自分で解いてみる。…
コメント:0

続きを読むread more

【竜操教室 塾長日記】それ、一番あかんやつやん。

一人で塾をやっていると、いろんな施策がほぼ思いつきです。 自分には才能が無いのだと思いますが、思いつきでやってみると、ほぼ、上手くいきません。 何個も何個もやってみて、その中でごくたまに上手くやれることがある・・・、そんなレベルです。 これがもしちゃんとした会社のトップだったら、その試行錯誤につ…
コメント:0

続きを読むread more

【竜操教室 塾長日記】します、してます、しています

文法用語を教えないまま、会話だけで、雰囲気だけで教えるのって駄目と思うんですよね。 だって、日本語ですら厳密に意味しているところを考えたことがないから。 します、してます、しています する、してる、している した、してた、していた しました、してました、していました …
コメント:0

続きを読むread more

【竜操教室 塾長日記】一番見たいのは手元です。

オンライン授業で、お互いに顔を見ながら話をできるのはとても良いのですが・・・ 実際には顔を見ているだけでは指導にはなりません。 数学の授業においては、表情や態度を観察することももちろん大事ですが、もっともっと大事なのはノートの使い方なのです。 と言っても、綺麗に書けているかとか、途中式をちゃんと…
コメント:0

続きを読むread more

【竜操教室 塾長日記】提供する側よりもされる側の対応力の方が何倍も優れてるわけです。

オンライン授業が始まった大学生の長女に感想を聞きました。 普通の授業より全然良い!とのことです。 大人数の授業でも、いつでもチャットで質問出来るのが特に良いのだそうで・・・ 何よりリアル授業よりも集中して授業を聞けるのも良いらしく・・・ 大教室にありがちな、後ろの方の ”何しに来て…
コメント:0

続きを読むread more

【竜操教室 塾長日記】「蜘蛛の糸」芥川龍之介

コロナの問題で、いろいろな救済策が出てきています。 できることは何でも、対応できることはできるだけ対応する。 そういう行政の姿勢が表れていると思います。 でも・・・、 すべての人に公平な救済策なんてできるはずはなく・・・ 何をやっても不公平だ!との意見ばかり。 …
コメント:0

続きを読むread more