【竜操教室 塾長日記】桁の感覚が・・・

数学で文章題を解いていると、日常生活で使われる数字が出てくることが多いです。 買い物や入場料金など、何百円、何千円というような桁での計算になるのですが・・・ 日常生活での桁の感覚や暗算の感覚が、数学の計算と結びついていない生徒が多数います。 日常で遭遇した時にはおよその計算ができているはずなのに…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【竜操教室 塾長日記】宿題が終わってるからと言って、ゴロゴロしてんじゃねーよ!(-_-メ)

中学生は、今日が夏休みの最終日。 明日から学校が始まります。 まだ宿題に追われているのは論外として、 終わったからと言っても、のんびりしている場合ではありません。 学校が始まれば、すぐにテストですからね。 テストに向けて、少しでも準備をしようとしている生徒と、最後の休…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【竜操教室 塾長日記】大問1番を制する者が県立入試の数学を制す。

中3生のこの時期は、ほぼほぼ、私立の入試問題の過去問を解いてもらっています。 それも、特に大問1番の小問集合。 正負の数の四則計算、文字式の四則計算、累乗の計算、平方根の計算、展開、因数分解、一次方程式、比例と反比例、面積と体積、確率、データなどなど。 どんな成績層の生徒であっても、この小問集合…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【竜操教室 塾長日記】どのくらい内容が伝わってるのか・・・

教室では、単元説明の効率化を図るためにいわゆる「映像授業」を使うことがあります。 聞きたい内容だけピンポイントで聞けるし、 途中で止められるし、 聞き逃したら繰り返せば良いし、 何回同じことを聞き直しても怒られないし、 先生の言い忘れは無いし、 先生の説…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【竜操教室 塾長日記】宿題、終わってますか?って聞くこと自体意味が無い気がしてくる今日この頃。

今日はいよいよ24時間テレビの日。 別に、テレビが楽しみなわけではなくて、これでもう夏休みも終わりだなぁ・・・という区切りの日という意味です。 中学生は、まだ宿題と格闘している生徒が居ます。 格闘と言っても押し迫ってきたこの時期には、成績層は別として、答を丸写ししているだけの生徒が大半です。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【竜操教室 塾長日記】当然、1回じゃ無理なんですよ。

暗記がなかなか進まないのは、1回で覚えてしまおうとするからですよ。 そもそも、1回で覚えられるはずがないし、 人間は覚えたはずのものを次の日には70%も忘れているそうなので、完璧を求めてもどうしようもありません。 結局は、覚えたものを忘れてしまう前にまた覚えなおす。 覚えなおしたも…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【竜操教室 塾長日記】またまた、そんな記事がよく売れる理由がわかりません。

またプレジデントファミリーがこんな特集をしてました。 「東大生の親9割がしている習慣は?」 こういうのに踊らされているうちは、東大生の親にはなれません。 少なくとも、うちの親は書かれているようなことは一切してなかったけど、兄貴は東大に行きましたよ。 まあ、残り1割の特殊な家庭なのか…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more